中学受験を目指す子供たちの多くが塾に通って勉強を頑張っています。小学4年生から通塾している子の場合、受験勉強に3年間を費やすわけです。小学校生活の半分を受験勉強に費やすわけです。

難関校の専門塾であれば小学1年からカリキュラムがはじまり6年間を受験の準備に費やす子たちもいます。

大変なのは子供たちだけではありません。「中学受験は親の受験」といわれるぐらい親の役割が大きいのも事実です。

中学受験のお母さんから多い相談ベスト5

そんな親の方からの相談で多いのが


といった相談です。かれこれ15年も同じ相談を受けてきました。

まず、私が言えることは、今より成績を上げる方法があるということです。

現に多くの中学受験を目指す親子が証明してきました。

しかも、子供の頑張りはそのままで、今より成績を上げる方法があります。

都合のいい話ばかりしやがって!と言われそうですが、これにはカラクリがあります。

子どもはそのままの代わりに、親であるあなたが頑張らねばなりません。

親のみなさんに是非知っておいて欲しいことは、

親が変われば、子供も変わるという厳然たる事実。

その当たり前で厳然たる事実を知っていただくべく、私たちは、子供たちの成績を上げることを目的とした親の会を主宰しております。その会では「親技(おやわざ)という親にしかできない勉強の工夫を紹介し、多くの親子に実践してもらっています。

「親技」を実践しているお母さんからの報告

小6 健さん

偏差値35だった息子が61まで行きました。本当にうれしいです。

3日1単元勉強法も本当に大変なのですが、やっぱり「効く」のです。これと日々の「広く浅くの勉強」がなかったら、60を抜けられず、親のせいで凡ミスを出させ、それを叱るようなことになっていたのではないかと思います。

毎年自治体で実施する4教科の学力テストも息子がクラスで一番伸びたと学校の担任の先生にほめていただきました。

小5 スピルリナさん

ストロングさん、偏差値7upでようやく55まできました。やはりあれこれとやりすぎていたのですね。(汗)

言われたようにC問題をキッパリ(泣)、捨てたら偏差値UP。なにか心の中でモヤモヤしたものは残っていますが結果が出るとうれしくて。。。(省略)また頑張れそうです。。。

小3 ミオナさん

始めた頃はちょうど上位クラスから落ちて、下位クラスでも成績が安定しない状況で、親子ともども苦しい日々でした。

お蔭様で、現在復テは毎回ほぼベストに乗る状況で、先日塾から上位クラスに上がる知らせを受けました。

小6 zukizukiさん

いけドン法をAB問題で実践したテストはAB問題合わせて84%の正解率。偏差値も久しぶりの59.8で、150点満点中100点という、今年初めての3ケタです!

娘が久しぶりに生き生きと楽しそうに算数に取り組んでいることが何より嬉しいです。

小5 桜さん

1度正解した問題が、ちゃんと理解して解けてるとは限らないことが体感できました。

直近の公開模試も偏差値50→58となりました。

塾の方針もあり、最近はやったかどうかの確認のみでしたが、再び低学年の頃のように一緒に学び、私ももっと知りたい学びたい欲求がでてきましたし、娘はライバルができたみたいで燃えるようです。

小4 れとさん

「連続して達成してこそ本物!頑張るべし!」のお言葉を胸に11月後半のカリテに際し、また算数をいけドン法で頑張りました。

その結果、これまた上出来の、134点が出せました。評価は受験別で9、共通で7で、満足できるものでした。

息子も、俺、今回算数、クラスで何位だろう?前回、2位が取れたからな~!と嬉しそうに言っていましたので、手応えを感じているようです。

小5 マリーさん

昨年3月のテストで偏差値37.3をとっていた社会で、なっ、なんと98点!(偏差値71.5)をとることができました!

受験者はおよそ2000人中3番です!!もちろん、今までの最高偏差値です。すごい快挙です。

いずれの方々も最初は、子どもの頑張りはそのままで、親の頑張りで成績を上げたお母さんたちです。

申し遅れました、ストロング宮迫と申します。

これまで1000人以上の子供たちに集団授業、個別指導、家庭教師などあらゆる形態において受験指導を経験。その過程において、親が勉強を教えることなく、子供の頑張りはそのままで成績を上げる「親技」を構想。塾任せ、子供任せにしない勉強スタイルを提案しています。

この活動をはじめて15年になり、これまで教育系の雑誌でも紹介されてきました。

その結果、多くの受験を目指して勉強している子たちの成績を上げることができるようになりました。

もし、子供自らが勉強を頑張っている、塾の先生がしっかりフォローしてくれて成績も順調に上がっているなら、親の出番はまわってきません。

しかし、今、「勉強のコツもつかめずにもがき苦しんでいる」「受験まで時間がなく早くなんとかしないと間に合わない」こういうお子さんを抱えている親の方なら出番があります。

今より成績が上がれば、「いつもバトルになってしまう」「勉強のやる気がない」「自分からは勉強しない」といった悩みもきっと解消されるでしょう。

成績を1日も早く上げたい!
そのために、親にできることはないだろうか?

そうお考えであれば、是非とも知っておいて欲しいことを2つ用意しました。いずれもすぐに実行できるものばかりですし、今なら無料で公開しています。

1つめは、メール講座(全6回)。実際に親のみなさんから相談をいただき、アドバイスした内容を公開しています。6回にわたり毎日配信します。

親技メール講座の内容は、以下の6回になります。

【第1号】勉強をそばで見ると、いつもバトルになります!

【第2号】自信を失くし、下のクラスに変わるべき!?

【第3号】やる気がないので受験をやめさせるべきか!?

【第4号】自分からは勉強しようとしません!?

【第5号】子供が勉強しないってホント!?

【第6号】親ができる事って何?その極意とは!?

成績を上げるために、親は何をすべきか?を事例と共に解説しています。

2つめは、10分間の音声セミナー。手遅れになる前に、聞いて欲しい内容です。

気付けば誰だって簡単にできる内容ですが、5カ条のうち1つでも気付いている方はきっと少ないのではないでしょうか?

10分足らずの対談(音声セミナー)ですので、中学入試を目指す小学生の子供との勉強に悩んでいるお父さん、お母さんにはすぐに聞いて実践して欲しいものです。

登録は無料で、メールアドレスだけ。氏名も住所も入力する必要はありません。もちろん、しつこくメールを送ることもありません。そんなことをしても、成績は上がりませんから。

聞いて、読んで、気に入らなければ、1クリックで解除できますのでどうぞお気軽にお申し込みください。

メール講座&音声セミナーの申込みはこちら





メールアドレスがわからない方は

下記の「空メールを送信する」ボタンをクリックして、空メールを送ってください。

空メールの件名、本文は何も記載しない状態で、そのまま送信すればOKです。

 

マスコミ掲載実績

特定商取引法に基づく記載 → 個人情報の取り扱い

ページの先頭へ