中学受験の手引き

中学受験コース

cjmap_takara1.gif

中学受験の道のりは「長く険しい道」とよく言われますが、

長いかどうかは、人それぞれ

険しいかどうかも、人それぞれ

なんですよね。

というのも、偏差値50の中学校を目指す方と偏差値70の中学校を目指す方ではそもそも目指す山が違います。標高もその険しさも登山道自体が違うわけですから「人それぞれ」なのは当然といえば当然。

1つだけ明確に言えるのは、中学受験という名の高い山、中くらいの山、低い山、いずれを目指すにしろ、どの山がすばらしいかとは一概に言えないってこと。それぞれが目指す山へ頑張って登るだけ。誰かのために中学受験をするわけじゃないですからね。

もし、世間体や隣近所やご友人に対するなんらかの見栄で中学受験という名の登山をしようかと思っている方はこの先、滑落や落石、思わぬアイスバーンなどに出会う危険が高いのでご注意ください。

いかなる中学受験の山も親の見栄だけで乗りきれるほど甘くはない。子供の「今の現状」をしっかりと把握して、さりげない手助けやアドバイスがどうしたって必要です。

山(中学受験)を舐めるな!ということですね。

「中学受験を舐めちゃいけない!」とは、どういうことか?

私たちが考える中学受験では、どういう偏差値の学校を目指すにしろ、少なくとも大きな峠を最低限3つは越えなければなりません。

わかりやすくその3つを言葉に例えれば、「基本の峠」「応用の峠」「発展の峠」になります。

あなた方親子が偏差値50の中学校を目指すにしろ、偏差値70の中学校を目指すにしろ、いかなる中学校を目指すにしろ、この3つの峠は必ず乗り越えなければならないのです。

cjmap7.gif

でもさっき「偏差値50の中学校を目指す方と偏差値70の中学校を目指す方ではそもそも目指す山が違うし、標高もその険しさも登山道自体が違う」って言ったじゃないか?と。

すばらしい!そこに気付いてくれましたか!

そうなんです。誰もが3つの峠「基本の峠」「応用の峠」「発展の峠」を越えなければならないのですが、そのハードルの高低があるのです。

cjmap8.gif

偏差値70の中学校への登頂を目指すなら、フル装備で酸素ボンベくらいは必要な登山になる。偏差値50の中学校の登頂を目指すなら、酸素ボンベはいらない。

もう少し具体的に説明しましょう。

今、「どこの峠にいるの?」「どこでつまづいているの?」についても考えながら読み進めてくださいね。

「中学受験コース」のご案内 続きはこちら

 

<< 公開テストの勉強法国語の読解の勉強方法 >>

 

新「勉強の常識」

※PCメールアドレスを登録ください。解除は1クリックでできます。

管理人について

ストロング宮迫

これまで1000人以上の子供たちに集団授業、個別指導、家庭教師などあらゆる形態において受験指導を経験。その過程において、親が勉強を教えることなく、子供の頑張りはそのままで成績を上げる「親技」を構想。03年成績向上委員会を立ち上げえインターネット上で塾任せ、子供任せにしない勉強スタイルを提案している。

親技公式サイト

著書紹介

成績がイイ子の親だけが知っている!新「勉強の常識」(PHP研究所)

詳細・注文

メニュー

関連サイト