中学受験の手引き

算数の成績を上げる勉強法

テストの点が伸びない、成績が上がらないとお母さんからの相談が多いのは、小学生だと算数が圧倒的です。

相談を詳しく聞いてみると、子供本人に「勉強のやる気がない」という人がいるかと思えば、子供は頑張っているけど成績が上がらないという人もいる。

また、親子で勉強しようとしても子供が反抗して勉強どころではないという人もいれば、親子で一緒に頑張ってるけど成績が上がらないという人もいる。

状況や悩みはそれぞれ異なりますが、共通して言えることは、ズバリ

あなたの勉強のやり方間違っていますよ!

ということなんですね。

勉強に対して子供の「やる気がない」より、「やる気がある」方がいい状況だと思うでしょう。

確かにそうです。では、

子供にやる気があれば、成績は上がるのか?

と問われれば、

成績が上がる保証はない

というのが答えになります。

親との勉強を子供が嫌がる。そうなれば親が手助けしてやれないわけだから成績を上げるチャンスは少なくなります。だからといって、親子で一緒にがんばって勉強し続けても

勉強のやり方がこれまでと同じなら成績(点数)は上がらない

悲しいかなこれが現実です。

つまり、勉強は最初の段階として「子供のやる気があるなし」にかかわらず、「勉強のやり方」が正しいかどうかが一番問題になってくるのです。

もちろん、やる気があることは悪いことじゃない。

でも、やる気があり、勉強にかなりの時間を費やしているにもかかわらず、成績(点数)が上がっていない子供たちがたくさんいます。

一方で、子供にやる気がなくても「勉強のやり方」を少し変えてみると次のテストで点が上がった。これも現実に起きていることなのです。

こうした実際に起こっていることからぜひもう一度疑ってみてほしいのです。

成績アップには「やる気」と「長時間の勉強」が不可欠であるという「常識」を。

繰り返しますが、勉強のやり方を変えれば、子供の様子もすぐに変わります。

といくら言っても「そんなハズは・・・」ときっと思うでしょう。

なので、ここに「1日たった30分の勉強」を「7日間」実践した親の声を紹介します。

私たちが聞いた質問は、

「1日30分×7日間」の勉強を終えて成果と思うことは何ですか?

です。


小3 りくママさん

子供が勉強した!という満足感をもてたこと。

ただ、勉強すればよいのではなく、毎回の勉強で成果を感じさせてあげることが大切。そのことによって、嫌な勉強もがんばれるのかな~と思いました。


小5 マーマーさん

子供の集中力です。2クール目にも、同じ様な気持ちを抱いてくれるかは不安ですが、こんなに集中して勉強に取り組む姿は初めて見ました!

100%をとれなかった時・・自ら「もう1回やる!」という言葉を娘の口から聞くとは・・・先生に感謝であります。私自身にも成果が・・・「誉めてのばす」です。怒ってばかり、減点法でばかりの接し方であった私に、加算法を思い出させて下さった先生に感謝。

まだ我が娘は、やれるかも! と私自身やる気にあふれております。


小5 あゆはさん

今までは時間を気にせず、のんびりと、と言うよりだらだらと問題を解いていました。今回のノリ勉ではゲーム感覚で楽しんで、挑戦していました。


小5 mamaさん

本人が、算数の苦手意識をあんまり感じなくなっている。昔の私なら「こんな問題解けてあったり前ジャン!!勘違いしてんよーっ!」って思っていました。

問題を読んで「あ~わかんない!」と思ったらテキトーモード、スイッチオン!!もう問題を読み返す事も、理解しようとする事も無く、ガラガラガッシャーン閉店していました。

が、演習でしていない問題についても、解こうとする姿勢か表れて「わからん・・・」と言うことも無く黙々と向かっておりました。す・す・すごい!!!2日目、3日目あんなにパニクっていた子が、何だか冷静で別人?の様です。


いかがでしょうか?

なぜ1日たった30分でこういうことが起こるのか?

なにをどうしたら、こうなるのか?

上記の声をいただいた親子に実践していただいた勉強法を

親子ノリノリ勉強法といいます。

親が子供の振るわない成績を引き上げるための手法をまとめたものですが、親子でノリノリで勉強するために親のみなさんにに協力してあげて欲しいことを細かくまとめました。

すでに得意なお子さんには必要ないプログラムです。

びっくりされるので、最初にお話しておきますが、このプログラムでは、親が直接勉強を教える必要はありません。もちろん、私たちがお子さんを直接指導するわけでもありません。教材も今家庭で使っているものを使用していただきます。

子供の成績を上げるために、「カリスマ先生」も、「高額な教材」も必要ないのです。

「親子ノリノリ勉強法(算数)」のご案内 続きはこちら

 

<< 勉強ができる子の親になりたいですか?復テ、カリテの勉強法 >>

 

新「勉強の常識」

※PCメールアドレスを登録ください。解除は1クリックでできます。

管理人について

ストロング宮迫

これまで1000人以上の子供たちに集団授業、個別指導、家庭教師などあらゆる形態において受験指導を経験。その過程において、親が勉強を教えることなく、子供の頑張りはそのままで成績を上げる「親技」を構想。03年成績向上委員会を立ち上げえインターネット上で塾任せ、子供任せにしない勉強スタイルを提案している。

親技公式サイト

著書紹介

成績がイイ子の親だけが知っている!新「勉強の常識」(PHP研究所)

詳細・注文

メニュー

関連サイト