中学受験の手引き

管理人のストロング宮迫です

 
はじめまして。ストロング宮迫です!

これから、親次第で成績が上がると断言できる理由をお話します。

私は以前大手学習塾に勤めておりました。毎日本当に楽しかったですね。自分の経験してきたあまりカッコのよくない人生(ルンルンの小中学時代から後ろから数えてベスト10の選ばれし高校時代、2浪の上に1つだけひっかかった大学受験)

を話すと子供たちは目を輝かして話を聞いてくれました。2年目に校舎責任者、4年目からはエリア責任者として、保護者からさまざまな相談を受ける立場にありありました。

他の先生との相性、勉強方法、進路、異性関係、家庭環境等、ある意味塾の業務とかけ離れた人生相談もありましたが何気ない顔で塾に来ている子供たちも、それぞれ荷物を背中に背負って生きており、塾で見せる顔や振る舞いは、その子供のすべてでないと改めて実感したりしました。

 

相談でもっとも多かった内容は、

「塾に通っているにもかかわらず、いっこうに成績が上がらない」というものでした。

塾にとっては、存在意義を問われる重大な問題です。なぜなら退塾につながっていくからです。それも決して不真面目な子ではなく、普通に塾に通い、授業もきちんと受けている生徒の成績がなぜ上がらない。 「なんとかなりませんか?」「集団授業はこの子には向いていないのではないか?」

 

私は塾で特に問題のない子の場合、保護者と話す内容は家庭での様子をつっこんで聞きます。何百人も話を聞くと傾向がはっきりします。その傾向とは、「家庭学習をしていない」こと。

「家庭学習をしていない」は、ここでは復習をしていない、やりっぱなしであるということです。塾で習う、それっきり。塾では、確認テストをやるのですが。

習った内容をもう一度自分でやらなければ、どんなすばらしい授業を受けても、成績はあがらないということです

勉強に対してやる気満々の子供は、ほとんどいませんから、みんなの条件は一緒です。復習をするかどうか。でも大人も子供も決めたことが守れないんでよね。三日坊主なんて本当によくいったもんです。

 

私は、相談にこられた保護者と本人を交えて、約束してもらいます。

「これから決められた期間、家庭学習の内容を具体的に決めて提示するのでそれをやること。もちろん、内容は塾でやったもので、時間は30分もあれば十分だから。頑張れるかな。よし、約束やぞ。

それとお母さんには、約束の家庭学習をやっているかを毎日チェックしてほしいです。ただ気をつけてほしいのは、お母さんは勉強自体を決して教えないこと。

親が教えると必ず感情的になってうまくいきませんから。やっているかどうか、なにをやったのかをチェックしてほしいんです。それだけです。じゃあ、これは3人の約束ですよ。」

私自身決めてはいませんが、約束から一定期間おいて(それは2週間であったり、3週間であったりするのですが)家庭に電話をして保護者と話します。答えは不思議とこの2つに分かれます。

(ストロング宮迫)

先日はいろいろお話させていただきましたが、その後いかがでしょう?

(A君のお母さん)

「いや、時間は少ないようですが、毎日約束どおりやっています。私もやっているのを見ても、やってることはよくわからないんですよ。もっとキレイに書いたらとか思うんですけどねえ。まあ、とにかく先生と約束したでしょうって、言ってるんです。いつまで続くんでしょうね。」

(B君のお母さん)

「Bはたぶんやっていると思いますよ。私も仕事に出ているもんですから、ずっとついてるわけにいかないんですが。やればできるんだからとは言ってるんですけど。もうちょっと様子を見てみようとは思うのですが。」

私は「3人の約束」で次の3つを約束しました。

1.出された課題を30分以内でいいからやる
2.親は勉強を教える必要はない
3.親はだされた課題をちゃんとやっているかチェックする

どんな子供でも、「3人の約束」を守らないといけないと考えていますが、なんとか逃げたいと考えています。そして、どうにかしてやらなくていい理由を探しています。

塾では逃げられません。あとは家で親がそれをチェックできるかどうか。つきっきりで毎日3時間勉強を見てくださいといっているのではないのです。

その後、A君の成績は上がり、B君の成績は変わらず塾をやめていきました。

なぜ、A君とB君の成績の違いが出てくるのか?その違いは、家庭学習における親の役割にあったのです。

 

<< 合格するのが、子供の使命!?中学受験の親技を紹介いただきました >>

 

新「勉強の常識」

※PCメールアドレスを登録ください。解除は1クリックでできます。

管理人について

ストロング宮迫

これまで1000人以上の子供たちに集団授業、個別指導、家庭教師などあらゆる形態において受験指導を経験。その過程において、親が勉強を教えることなく、子供の頑張りはそのままで成績を上げる「親技」を構想。03年成績向上委員会を立ち上げえインターネット上で塾任せ、子供任せにしない勉強スタイルを提案している。

親技公式サイト

著書紹介

成績がイイ子の親だけが知っている!新「勉強の常識」(PHP研究所)

詳細・注文

メニュー

関連サイト