中学受験の手引き

ちょび凄みを感じましたね

某中学校の入試にタイガー山中と出かけました。

いつもの光景と言いますか、見慣れた光景です。

多くの子供達は防寒対策をバッチリして、念には念を入れてマスクをしている子供も多くいます。

控え室で塾ごとに集まって最後の授業をしているところもあれば、わざわざ学校のそばで一室借り上げて団体で気勢をあげている塾もある。

そんな中で地方から来たんでしょうか、地元の塾が真ん中を占拠している感じの控え室の片隅に3人でポツンとたたずんでいる親子がいました。

それも半ズボン!! オイオイオイ!

防寒対策にマスクという出で立ちの集団の中でですからねえ・・・

ストロングなんかはちょび凄みを感じましたね。

表情なんかも淡々としておりましてね。

表情が引きつっている子供が多い中での「淡々とした半ズボン」がやけに印象的でした。

大一番ですから気合いも入るし、万全の対策を施すのが普通なんですが、なんだかいつもの学校に行く自然のスタイルというか、ちょっと行ってくるよ!って感じの様子にいたく感服した次第です。

話したわけでもないし、事情もよくわかりませんから、ただ単にどうしてよいかわからないということだったのかもしれません。

みんなの防寒対策を見て、逆にビビってたかもしれません。

別に「半ズボンで行きなさい!」って言いたいんじゃないんです。

試験会場には1人入ります。極度の緊張の中で持っている力を発揮する。そのために何が必要か?

いろんなことが考えられると思います。

「淡々とした半ズボン」の少年になにかヒントがありそうな気がしています。

戦うときは1人ですからね。



「親のための部活動」親技ファイトクラブ更新情報

※親技ファイトクラブとは親技プログラムのいずれかを購入実践されている方が対象のクラブでの場です。

中学受験者の増加により、中学受験は、ある特定の層の人がする受験ではなく、みんなの受験になりつつあります。

そんな中、「中学受験をしたい!」が「勉強は頑張れない!」という相矛盾した希望をもつ子供が急増中です。

受験はしたいが親に悪態をつく。ゆえに親子バトルが耐えない。

ひたすた低空飛行の成績で中学受験をする意味があるのか? 

中学受験における親の接し方、考え方はいかに?『10の鉄則』実践会の方、ぜひ聞いてください。


親技ファイトクラブ

 

<< 1つのイメージトレーニング「ストロングが今日楽しく生きていられるのは!?」 >>

 

新「勉強の常識」

※PCメールアドレスを登録ください。解除は1クリックでできます。

管理人について

ストロング宮迫

これまで1000人以上の子供たちに集団授業、個別指導、家庭教師などあらゆる形態において受験指導を経験。その過程において、親が勉強を教えることなく、子供の頑張りはそのままで成績を上げる「親技」を構想。03年成績向上委員会を立ち上げえインターネット上で塾任せ、子供任せにしない勉強スタイルを提案している。

親技公式サイト

著書紹介

成績がイイ子の親だけが知っている!新「勉強の常識」(PHP研究所)

詳細・注文

メニュー

関連サイト